腹式呼吸って必要か!?



腹式呼吸って必要か!?


私は、必要だと思います。

もちろん複式呼吸だけじゃ駄目だけどね。



ここで、わたしの声の歴史を聞いてください。

私の声はどっちかというと、可愛い方である。
やさしくて、なんか大きい声が出ないけど、
小さくて、やさしくて可愛い声が出る。
悩み事は、なんか声と外見がミスマッチ(笑)


ま、昔からそんな声の出し方で生きてきたんですよね。

小学生の頃の、文化祭とかの台詞。
絶対に代表にはならなかったけど、
今回は全員に台詞をってなった時、
声が出ない人の居残りに入りました(笑)

で、みんなの前でとりあえずでかい声を出せ!と言われて、
出してみるけど、どうやって大きくするか分からないんですよね!!

で、思いっきり叫んだら、

「それは、怒鳴っている・・・・」

と言われました。


しょうがないでしょ。

運動、大の苦手なんですよ。

=(イコール)筋肉の使い方が下手なんですよね。



例えば、腹筋運動をすると、お腹じゃなくて、
あごと喉のところが筋肉痛になります(笑)


高校の時、体育の先生が絶句でした(笑)


そして、歌を習いに行って、腹式呼吸をしてみる。


出来るはずもありません(笑)

「寝てる時はみんな腹式呼吸なんだよ〜」って、

で、仰向けに寝転んでみる。


それでも、胸に空気がはいるんです。


起きていると駄目らしい(笑)


もう、腹筋っていう意味すら分からない(笑)


じゃぁ、私は、どうやって歌っていたか、


よくある、喉を締めて絞り出していたんですね。

柔らかくやったら、鼻に抜けて可愛い声になります(笑)

もちろん、この歌い方は今でもやれと言われれば、出来ます。

でも、まず喉締め歌いをしていると何が悪いかって、

日本語の「あいうえお」の発音がつぶれます。

「あ」なのか、「え」なのか。
「え」なのか「い」なのか。
「お」なのか、「う」なのか。


極端にやると、志村けんの「アイ〜〜〜〜ン」をやさしくやった感じ。


それで、歌詞を歌うんですから、歌詞の内容がとてもわかりずらい発音になります。
歌詞がちゃんと聞こえるように、はっきり発音しようとすると、最低限の口でも開けなければなりません。
そうすると喉が締めにくくなって、急に声が出しにくくなります。


もう、どうしたらいいのか分からなくなって、沈没でした。


つづく

  ★ボーカル秘話一覧へ

TOPへもどる