音が見えるという感覚!

何事にも、スランプという時期があるものです。
もちろん、歌にもあります!

なんか、最近前より下手になった気がする・・・。

とか、

どうしたらいいのか分からなくなってきた・・・。

とか。

歌がうまくなるとは、大きく分けて、2種類の成長と思います。

その2つとは、
①声を出すための体全体の筋肉や、感覚がうまく使える。

②どんな声がどういう風に出ているのか耳で聞こえる。

案外、よく考えがちなのは、①だと思いますが、
これが、実は、結構②が大事!!!

これらは、結構別々に成長します。

だいたいボイストレーニングを始めると、
まず、①が成長します。で、

「ちょっとうまくなった!」

と思って練習していたら、今度は、なんだか前より
下手になった気がする、とか、停滞している気がすると
感じるようになる物です。

それが②、つまり耳で聞く力が伸びたという証拠です!

①が成長しているときは、なんか気持ちよく歌えるようになったと
感じる物ですが、②の耳がよくなると、まず、うまい人や、プロの人との
自分の差がとてもよく聞こえるようになるます!
そうすると、自分の弱点が何となく分かるようになる。
そして、また、練習を重ね、克服すると、歌がうまくなった気になる!!
そして、のりにのって、練習している内にまた耳が成長します。

という事の繰り返しで成長する物なのですが、そうこうしているうちに、
今度は、いろんな人の声の出方や仕組みが分かるようになってきます。

これが、私の感覚では、

声が見える!!!

と言う感じ!

ここまで来たら、ちょっと職業病。

でも、そうしたら、今度は、こんな風にしたらこんな声が出るとか、
このCDの声は、ここに力入れて、こんな方向に出しているとか、
分かってきます(笑)→で、練習です。

こんな風に歌はうまくなるんです!

みなさん、下手になったと思ったら、それは成長している証拠!
前向きに考えてください!


TOPへもどる