(音楽の定規)*喉歌いちゃんと腹歌い君 
         〜喉歌いのひと*


喉で歌うとダメ!お腹で歌う!!ってよく言いますが、

本当はどっちも必要です!!

あ、もちろん、喉の力、お腹(全身)の力の事ですよ!
喉だけで歌うのはもちろんダメです。

でも、お腹だけで歌っても変です(笑)


簡単に言うと、細かい表現は喉で作ります。
音程も喉で取ります。

でも、声の響きは体の支えで空気の流れをコントロールして作ります。


喉歌いの人はなかなか喉以外の場所の力が声に繋がらないものです。
それを練習します。

その練習結果に、まず抵抗が出てくるのは、

何となく合唱みたいな響きになってしまうこと!!


喉歌い声が好きで喉歌いをしている人は、

可愛い声とか、すました格好いい声とかが作りたい人が多いですね。

大体、口が横に開いています。

さらに鼻にかけて、喉鼻声になっている人もいると思います。

志村×んの「アイイーーーン」の響きに似てきます。

もちろん歌詞の発音の母音「アイウエオ」もつぶれた響きになります。


で、練習で口を大きめに開けて歌うと、何となく合唱っぽい響きに聞こえてしまいます。


まずは気にせず進むのが近道だと思います。


合唱ぽくなるということは、明らかに喉歌いより、

空気の流れは良くなっている証拠!!!


どんどん練習を重ねて、その発声が体にしみこんだら、

だんだんお得意の喉使いを戻してあげましょう。


喉歌いの人は、喉が苦手な人より、ずっと表現力に長けているはずです。

ちゃんとした空気の流れや体の使い方をした発声に、

喉での表現力が加わると、最高ですね。


喉歌いをしていると思っている歌手のCDをよく聞いてみましょう。

喉も使っているけど、口も大きく開いているし、支えもしっかりしているし、

歌詞の発音がしっかり前に出てきていますね。


それだけ出来れば、まずはポップスはかなり上手に歌えるはずです。

オーディションに出す前にチェックしてみましょう〜〜


次回→ 腹歌いの人

  ★ボーカル秘話一覧へ

TOPへもどる