(音楽の定規)*続・合う合わない*


声質が曲に合っている、
歌い方が曲に合っている、
リズムの乗り方が曲にあっている、
自分の作る雰囲気が曲やジャンルに合っている


ここまで考えると、自己プロデュースです。


最悪、作曲家に自分の歌に合った曲を作ってもらえばいいんです(笑)

でも、そうしたら、一本調子になってしまって、なんか広がりがなくて
悔しいですね。



案外必要なのが、自分の醸し出す雰囲気がジャンルに
合っているかというところです。


歌の技術で隠すこと出来ますが、なにか違和感があると
見ている人も、なにか違和感を感じます。

良い意味でのギャップならありです。


歌っているときは格好いい〜☆
話すとすごい変とか。

でも、格好いい歌を歌っているときに何か似合わない
雰囲気があるとやっぱり違和感です。


ばっちり来る方がずっと点数高いですよ!!



次回→好き嫌い

  ★ボーカル秘話一覧へ

TOPへもどる